×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外壁塗装の相場と価格

外壁塗装の相場はどれくらい?価格面での疑問をここで解決して下さい!
壁の塗り替えメンテナンスは10年に一度といわれていますので、しっかりとしたメンテナンス費用の積み立てが大事に済むためには必要ですね。
安ければいいわけでも、高ければ品質が高いわけでもありません。

外壁塗装の費用の相場はどれくらい?

外壁塗装の人気の色

外壁塗装の費用の相場は、基本的に塗料の相場とその他にどれくらいの費用が発生しているのかということで決まります。
必要な費用としては、壁に塗る分の塗料・職人の人件費・依頼する会社の利益・その他諸経費がありますので、一つ一つどれくらいの価格が相場なのかをチェックした方が良いでしょう。
家の壁の塗り替えを依頼する会社によって差が出る部分もありますので、しっかり確認しておきましょう。

外壁塗装の塗料の相場はどれくらい?

壁の塗り替えで物理的に必要なものが塗料です。これが、費用の中でも一番分かりやすい部分かも知れませんね。外壁の面積が多ければ多いほど必要な塗料も多くなるので費用が高くなります。
逆に、最近の住宅で多いのは開口部が多いため実際に塗る面積は少なくそれほど塗料の費用はかからなかったという事もあります。まず、塗料の費用は一軒一軒、壁の面積が違うためばらつきがあるという部分を抑えておきましょう。
その上で、平米当たりの価格をチェックしておくといいでしょう。

塗料の種類によっても費用が違う

これが難しい部分ですが、先ほどの塗装する面積の他にも塗る塗料の種類によっても価格にばらつきがあるという部分は意外と知られていないかもしれません。
ペンキなんてどれも一緒でしょ!」という人は見積書を見て納得できないかもしれません。
最近は非常に多くの塗料が出てきていますので、遮熱性の高い塗料や花の香りがする塗料など好みに合わせて各種と両メーカーのものを選択する事ができます。
特にこだわりがないのであれば、今主流のシリコン塗料を選択しておけば間違いありません。
複数の会社に相見積りを依頼するときは、シリコンと量で統一させておいた方が分かりやすいでしょう。

塗装職人の人件費ってどれくらい?

外壁塗装を実際に施行するのは大手住宅メーカーに依頼した場合も、地元の塗装店に依頼したときも一緒で塗装の専門の職人さんが家にきて塗る事になります。
大きく差が出る部分としては、依頼した会社(住宅メーカー・工務店・塗装店など)によって直接雇用している塗装職人なのか、外注のような形での別途費用が発生する人件費なのかということです。
もちろん、安く済むのは直接雇用している塗装店の方が安いです。

具体的に一人当たりの職人の費用はどれくらいが適正?

人件費の安い人は仕事の質が安い仕事しかできませんし、人件費の高い人は高品質ないい仕事をするというのは、塗装職人に限らずどのジャンルの仕事でもそうでしょう。
安月給のサラリーマンと、高給のベンチャーの社長とでは仕事のできるできないは一目瞭然です。
具体的には一人当たり15000〜20000円/一日くらいの人件費が妥当ではないかと思います。
見積書の中に、職人さんの人工のようなものが記載されていたら高すぎないか、逆に安すぎないかをしかkりとチェックして、高品質な外壁塗装が実現できるようにしましょう。

ペンキ代と人件費以外には何がかかるの?

さあ、ペンキも買った壁を塗る職人さんも雇った、となると他にどんな費用が必要なのでしょうか。
自分で職人さんに依頼するのであればこれだけで外壁塗装はできるかもしれませんが、実際には塗装職人は巧く話す事ができなかったり、商売する気がなかったり、私たちお客さんとコミュニケーションをとることは難しいです。
そこで、職人さんを雇っている大手住宅メーカーや工務店、塗装店がある訳ですが、ここである程度の費用が発生します。
大手ハウスメーカーの場合は、ばんばんCMをやってたりするので、その分の広告宣伝費が上積みされます。
最近だとLIX○Lなどの専門店を紹介して利益を出す事業モデルが流行っているようですが、広告宣伝費も馬鹿になりませんので、できるのであれば、専門の塗装店に依頼した方が余分な費用は発生しないのでおすすめです。

広告宣伝費と営業費と中間マージン

その他必要な経費としては、中間マージンが上げられます。
これは、注文を受けた会社が下請けや孫請けに実際の仕事を発注する際の利益ですので、大きな会社ほど中間マージンの費用は大きくなり、直接注文を受けて仕事をするような塗装店であれば中間マージンは全くありません。
この中間マージンが厄介で、相場という相場が無いので依頼した会社によって外壁塗装の価格にばらつきが出るのはここら辺の事情かもしれませんね。
結局は、塗料の費用と人件費の部分が外壁塗装の相場では重要な部分ですので、その他の事実上無駄になっている費用は可能な限り省いた方が良いでしょう。

外壁塗装の人気の色ランキング!

外壁塗装の人気の色をランキングでご紹介します!
家の壁の塗り替えのタイミングで、色の悩みは尽きないかと思いますが、少しでも色選びの参考になればと思います。
人気の色を選ぶのか、自分なりの色を選ぶのか、ご家族でしっかりと話し合って壁の色を決めましょう。
後悔の無い外壁塗装を!
外壁塗装・屋根塗装でリフォームを!現地調査無料見積り

外壁塗装の人気の色はやっぱりベージュ!

外壁の色を選ぶときに無難に攻めた訳ではないかもしれませんが、一番人気の外壁の色はベージュです!
やっぱり、インテリアでもベージュ系が好まれているように、家の外壁でも人気の色にベージュが選ばれるのはうなずけますね。
ただ、ベージュというひとくくりの中にも淡い色から濃い色までいろいろありますし、外壁の素材自体もサイディングなのか塗り壁なのかなどによって雰囲気が大きく変わってきます。
その辺の外壁材選びにも注目していきたいですね。

外壁の人気の色第2位はブラックよりの焦げ茶色!

大人っぽいシックな色合いが最近は人気があるようです。
外壁の色を選ぶときにも、モダン系の落ち着いた茶系の色を選ぶ事で、家全体が大人っぽい雰囲気に包まれる事間違いなしです。
素材はサイディングを選ぶ事が多そうですが、サイディングの中にも様々な種類がありますので、縦なのか横なのかなど悩むポイントは無数です!

焦げ茶色は若い人に多そうな印象ですね!落ち着いた色なので、付帯部などのちょっとしたところの色の使い方が重要になってきます。
カラーコーディネータのセンスを間違わないように色を選びたいところです。

第3位!外壁の人気の色はまさかのグレー!

グレーが外壁の色でも多く選ばれているようです。
外壁塗装では、なかなか見ないかもしれませんが回りの住宅との兼ね合いも間違いの無いグレーが人気になるのは必然かもしれませんね!
近未来的な明るめのグレーなのか、ちょっと落ち着いた雰囲気の濃いめのグレーなのかは好みが分かれるところです。
グレーを使うのであれば、濃いめのグレート淡い目のグレーを1階と2階で使い分けてみたり、外壁だけではなく付帯部とのコントラストを楽しむのも面白いかもしれません。
無難な色を無難だけで終わらせないのも外壁塗装のおもしろみでしょう。

当サイトでは、下記サイトでの外壁塗装の現地調査・無料見積りをお勧めしています!
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の首都圏一都三県に限られてしまいますが、自宅の現地調査を無料で行っているので、一度見てもらうだけ見てもらっても良いかもしれません。
無料の現地調査無料で出してもらうお見積りを参考に外壁塗装を検討しましょう!
まずは、無料で現地調査の依頼からですよ!